30代の妻子持ちの男が転職する時に優先した条件

家族との時間 30代の男の転職

転職を考える時に、自分が現在おかれている状況で、転職先での優先する条件が変わってきます。

仕事内容、給与、勤務時間、勤務地、休日、などなど全てが自分の希望通りにはいかないのが現実ですよね。

どこを優先してどこを妥協するのか?人それぞれだと思います。

今回は僕の考えを書きますのでこんな考え方もあるんだなぁと見てもらえれば幸いです。

30代の妻子ありの僕が転職時に優先した条件

家族との時間

僕の場合は結婚していて妻と子どもがいます。そんな僕が転職時に優先した条件は「時間」でした。

もちろん、たくさん給料を貰えれば言うことはないですが、なかなかそうもいきません。

特に僕のように特別なスキルも経歴もない男ならばなおさらです。

参考転職男ことワタナベのプロフィール

時間を優先した理由

僕は独身時代、勤務時間や拘束時間の長い仕事をしていました。きっちり残業代が出る仕事ならばそれなりの給料になりますが、悲しいかな世の中、そんな仕事ばかりではありません。

身も心もボロボロになるような仕事は確かに存在するのです。でもそれって入社するまで分からなかったりします。当たり外れと言ってはなんですが、そういうことってありますよね。

僕の場合は心は大丈夫だったのですが、激務で体は痩せ細り体重はそこらのモデルさんより少なくなってしまいました。

そんな経緯もあり、なるべく残業が少なく定時に帰れる仕事を優先して探しました。

現在は運良く、残業なしの8時半から5時まできっちりの仕事についています。残業がないので給料は少なめですが3人が贅沢せずに暮らす分には稼げています。

自由な時間が増えた結果

一番過酷な時で朝6時〜夜12時まで仕事、帰ってご飯食べて風呂入ってすぐ寝てまた起きて、という生活を繰り返していました。

当然、自分のことに使う時間などなく、仕事のためだけに生きている毎日でした。

現在は結婚して子どももいます。5時に帰った後は妻が夕飯の支度をする間は子どもとの時間。

夕飯を3人で食べて後片付けをしたら妻と子どもとゆっくりできています。子どもをお風呂に入れて寝かしつければ自分の時間。

こうやってブログを書いたり、ゲームをしたり読書したりなんだって出来ます。とても普通のことなんですが、幸せな毎日を送れています。

これが以前の条件だったならと思うとゾッとします。

子育てはほぼ妻にまかせっきりになるでしょうし、帰宅するのは子どもが寝静まった後になるでしょう。

こうやってブログを書くこともないでしょうし、なにより妻への負担が心配です。

「お金」だけでは解決できないことも「時間」にはあると思います。

家族と過ごす時間。自分のために使う時間。僕の中で「時間」というのは優先するべき条件だということに、結婚してから気付くことができました。

まとめ

結婚したら自分だけでなく家族のことも考えた転職活動をする必要があります。

もちろん時間よりお金を優先する人もいるでしょう。田舎はイヤ!都会じゃなきゃイヤ!という人もいるでしょう。

結局は本人や家族次第なんですが、転職活動をする時に、一つコレという条件を決めておくとスムーズに事が進むと思います。

目標をもって行動しましょう!

以上、ワタナベでした。

コメント