転職したら会社に悪い、申し訳ないと罪悪感を感じる必要はありません

ダメ 退職あれこれ

こんにちは。人生で7回も転職している転職男のワタナベと申します。

僕も最初は転職したら会社に迷惑がかかって悪いかな?申し訳ないかな?と罪悪感を持っていました。

結論から言うと、そんなこと気にする必要はないです。自分を信じて転職しましょう。

今回はどうしてそう思うようになったかを僕自身の経験を元にお話します。

転職したら会社に迷惑をかけて悪い?自分の代わりはいないから申し訳ない?

ダメ

そんなのは実は幻想です。あなたが辞めても会社はいつも通り続きますし、誰かがあなたの代わりをします。

7回も転職をすると色んな人に出会います。もちろん中には転職してくる人もいますし、転職していく人もいます。

これは僕やそんな人達の経験上、ほとんどの会社で起こる現象です。

誰かが急に辞めたからと会社が傾いたなんてことは、まずありませんでした。

あなたが会社を気にかけているほど、会社はあなたを気にかけていません。悲しいけどこれ現実なのよね。

ケース1・転職先が決まってから退職願を提出した僕の場合

どうしても当時の会社からの扱いが我慢出来なかった僕は、密かに転職活動をしていました。

そしてある企業で内定をもらったのですが、その企業はなるべく早く入社してくれとのことでした。

元の会社での就業規則では退職の1ヶ月前には申し出ること、というのがありました。しかし転職先の希望は2週間後からの入社でした。

就業規則のこともありましたが、その時僕が抱えていた仕事から考えて、僕が今抜けたら大変だろうな、迷惑かかるだろうな、と感じていまいた。

でもどうしてもその会社を辞めたかった僕は、無理を通して2週間で退職させてもらうことにしました。

当然、元の会社の社長には引き止められたし怒られました。でも話し合いの結果、2週間で退職することが出来ました。無理を通してくれた会社に感謝ですね。

転職してから数ヶ月後に以前の同僚に会う機会があったので、僕が辞めたその後を聞いてみたのですが、僕の代わりはすぐに補充され、会社もいつも通り回ってるとのことでした。

僕が辞めても辞めなくても会社の状態は変わらなかったんです。ちょっと寂しいですよね。

単純に僕が戦力外だったのかもしれませんが、あまり気にする必要なかったんだなと感じました。

ケース2・管理職だったK部長の場合

これは従業員数60人くらいの中小企業のお話です。

小さい会社なので社長と取締役がいて、K部長はナンバー3の立ち位置でした。僕はK部長には入社から良くしてもらい大変お世話になっていました。

そんなK部長、真意はわかりませんがうつ病になったとのことで退職することになったのです。K部長が言うには、原因は会社にあるとのことで会社を訴えると言ってました。

それはさておき、小さい会社のナンバー3であるK部長が辞めたら会社は大変なことになりそうですよね?

しかし現実は何も起こりませんでした。やっぱりいつも通り会社は回って、そのうちに新しい部長が決まりました。

僕もほどなくその会社を退職しましたので、K部長が会社を訴えたかどうかは知り得ません。

ケース3・新入社員Aさんの場合

ある時、僕は新人の教育係を任されていました。そして新入社員としてAさんが入社してきました。

新入社員と言ってもAさんも転職して入社してきたので、中途採用者ということになります。

確か年齢は30歳半ば、ちょっとキレイなお姉さんタイプでした。

いつものように僕が教育係を任されるんだろうな、と思っていたら上司が一言。

上司
あの子はワシが教育しちゃる!

なんか変なやる気を出していまいた。

その後、何があったか知りませんが、Aさんは一週間で来なくなりました。

新入社員なので抜けても会社にはほとんどの影響はありません。次の新入社員はやっぱり僕が教育係をすることになったのでした。

今回の件から得るべき教訓は?

新人、中堅、管理職と3つの退職のケースを見てみましたが、僕の経験上、どのパターンも会社はいつも通りの平常運転でした。

つまり悪いかな〜っと思い悩んで辞めても辞めなくても、会社にはそんなに影響はないのです。

あるとすれば同僚や上司から「辞めやがって」という圧力くらいです。あ、それが気になるって?

大丈夫!辞めたら関わることはほぼありません。

自分の未来や将来を1番に考えて下さい。会社や同僚のために生きているのではありません。

自分が転職するんだと決めたら転職してOKだと思います。

気を使いすぎて自分が犠牲になりすぎないように、しっかり見極めて転職活動してください。

以上、ワタナベでした。

コメント