30代で非正規雇用だった僕が正社員に転職した体験談

ビジネスマン 30代の男の転職

僕は30代で非正規雇用でした。非正規雇用と言っても様々ですが、具体的に言うと32歳まで公務員の臨時職員でした。

それまでも契約社員やアルバイト、日雇い派遣なども経験しました。

そんな僕が32歳にして正社員に転職した体験談をこのブログの最初の記事とさせていただきます。

32歳まで公務員の臨時職員だった僕が正社員に転職成功した体験談

ビジネスマン

上記の通り、32歳まで色んな非正規雇用を経験してきました。とても自慢できるような話ではないですが、僕の体験談が少しでも誰かのお役に立てばと思い書いています。

その前に僕の経歴を少しお話します。

  1. 高校卒業後、専門学校に進学。専門学校を中退。
  2. 飲食店で約2年アルバイト
  3. ホテルに正社員で入社→2年ほどで退社
  4. 2年ほど無職(この間に短期の契約社員、アルバイトや日雇い派遣を経験)
  5. 建設系の会社に正社員で入社→2年ほどで退社
  6. 公務員を目指し、とりあえず臨時職員で入職
  7. 結婚する
  8. 公務員を諦めて臨時職員を退職
  9. 住宅メーカーに正社員で入社→ブラックすぎて一週間で退社・・・
  10. 約1ヶ月無職!
  11. インフラ系の会社に正社員で入社
  12. 現在に至る

我ながらあっぱれな経歴ですね。転職しすぎぃ!ポイントは7の結婚です。なんと非正規雇用の時に結婚してるんですね。

当然、お金なんてないんで結婚式も挙げられない、妻には申し訳ないことをしました。

とまぁその話は置いといて、運良く?現在は正社員として働くことができています。

では学歴もなく経歴もバラバラな僕がどうやって正社員に転職したのか、そのあたりのお話をします。

臨時職員から正社員になるために僕が必死にやったこと

僕が臨時職員になったのは公務員の正規職員を目指していたためでした。しかし32歳になった時、このまま公務員浪人を続けていてもダメだと悟ったのです。歳も歳だし結婚もしていたし、何より妻のお腹には赤ちゃんがいましたからね。

僕は必死で安定して働ける環境=正社員としての仕事を探しました。職を失うわけにはいかないので、臨時職員をしながら転職活動をしていました。

そしてある住宅メーカーの営業職に応募して就職することが決まりました。

もちろん臨時職員を辞めて住宅メーカーに就職しました。しかしこれが予想を遥かに上回るブラックぶり。初日の社長の挨拶が「ようこそブラック企業へ」でした(これは本当の話)

有言実行、まったく嘘もなく見事なブラック企業でした。朝6時に家を出て帰るのは夜12時。もちろん残業代はなし。上司からは初日からのパワハラ。嫌なら辞めて良いよって言われたので喜んで辞めました。

辞めたのは良いですが、仕事は探さねばなりません。僕はまた就職活動を必死ですることになります。

ハローワーク

まずは職探しの基本、ハローワークに通いました。ハローワークにはたくさんの求人があります。

しかし、学歴なし、安定した職歴なし、資格は運転免許だけ、こんな僕では条件に合う求人はあまりありませんでした。

ハローワークに多いのは、看護、介護、飲食、ですが僕が受けれそうな介護、飲食は妻と子を養うには少し給与面が心配でした。

贅沢言えないのはわかってるんですけどね。どうしても欲というか、後一声!って思っちゃうんですよね、人間。

それなりに条件(僕の場合は給料)の良い求人を受けてみるも、そういうのはどうしても競争が激しくなってきます。

1つの求人に何十人と受けに来るなんてザラでした。僕では書類選考すら通りませんでした。

求人誌

求人誌も職探しには有効ですよね。こちらに出ている求人は企業がお金をかけて人材を募集しています。

ハローワークよりも積極的に働き手を探している場合が多いですね。

もちろん、良い条件の求人にはたくさんの応募が有り、競争が激しくなります。

インターネットの転職サイト

インターネットでの転職サイトにもたくさん登録しました。

参考おすすめ転職サイトNo.1は非正規雇用から正社員を目指せるリクナビNEXT 

こういったサイトですね。地域によって求人の数にバラつきがあります。当然田舎より都会のほうが多いですよね。

就業場所を選ばない、全国どこでもOKという人なら最適だと思います。

僕は地元での就職を希望していたので(地元は田舎)多くの求人には出会えませんでした。

身内・知人の紹介

いわゆるコネというやつですね。コネも立派な就職手段です。30過ぎたら四の五の言ってられません。利用できるものは何でも利用しようとしてました。

強力なコネがあれば入社しやすいですが、デメリットもあります。それは一旦入社したら辞めにくいということです。

辞めるの前提で考えるなよ!ってツッコミが入りそうですが、自分に合わなかった時も考えておかなければなりません。

僕は以前、身内の紹介で入社した会社を辞めたことがありますが、双方に多大なご迷惑をおかけしました。

できれば最後の手段にしたいですね。

色々必死にやった結果

必死にやったかいがあったのか、こんな僕でもハローワークで2件、インターネットの転職サイトで2件、知人の紹介で2件ほど就職のお話をいただきました。

すごく悩みましたが、最終的に知人の紹介であるインフラ系の会社に入社することにしました。

まとめ

結果的に知人の紹介で入社しましたが、僕のような経歴になってくると条件を妥協したり、職種を選り好みしてる場合でなくなったりしてきます。

そんな時にちょっと立ち止まって考えてみてください。あなたのチカラになってくれそうな人がいないか。

親、兄弟、親戚、友人、知人、以前の職場の人、良く考えてみてください。

どうしても就職しなくてはならない時、こういった人たちに相談してみるのも一つの手段だと思います。

そうすれば思いがけないとこからお声がかかるかもしれません。行動しなければ何も始まらないです。

勇気を出して一歩踏み出してみましょう!

コメント