知らないと損をする?退職後の健康保険任意継続制度という選択肢

保険証 退職あれこれ

上手く転職できれば健康保険は社会保険として次の会社で加入できるので問題ありません。

しかし転職先が決まる前に退職した場合は自分で国民健康保険に加入しなくてはなりません。

実はそんな人にもう一つ選択肢があります。それは健康保険任意継続制度です。

今回は意外と知られていない健康保険任意継続制度を紹介します。

 

健康保険任意継続制度とは?

保険証

通常、仕事を退職して社会保険をぬけた場合、国民健康保険に加入するのが一般的ですよね。

しかしここで知っておいて欲しいことがあります。それが健康保険任意継続制度です。

健康保険任意継続制度を利用すれば、それまでに加入していた社会保険に継続して入り続けることができます。

加入できる期間は最大で2年間。それまでに新しく仕事が決まって会社の社会保険に入り直す時には自動的に終了します。

取り扱っているのは「全国健康保険協会(協会けんぽ)」という機関です。

 

健康保険任意継続制度に加入できる条件

健康保険任意継続制度に加入するには条件があります。と言っても難しい条件ではありません。

  • 退職前の会社の健康保険に2ヶ月以上加入している
  • 退職日翌日から20日以内に自分で手続きをする

この2点です。

会社が健康保険任意継続制度の手続きをしてくれるわけではないので注意が必要です。

自分で20日以内に手続きをしないといけないのでちょっと面倒ですが、早めに手続きしちゃいましょう。

 

健康保険任意継続制度の保険料

では保険料はいくらくらいかかるのか?気になりますよね。これは被保険者(あなた)の収入による!としか言いようがありません。

会社で加入する社会保険料は、実は会社が半分払ってくれています。つまり毎月給与明細に書かれている金額は半額なのです。

もちろん退職した後は会社が半額負担してくれるなんてことはありません。単純に毎月払っていた額の2倍が任意継続の保険料になります。

ただし、必ずしもこの金額になるわけではありません。正確な金額は協会けんぽに問い合わせて確認することをおすすめします。

また国民健康保険に加入する場合は前年の収入を元に計算されます。お住まいの市町村の健康保険窓口に問い合わせて確認しましょう。

退職までの収入の条件によってどちらが安くなるか変わってきます。2つを比較して安い方に入るのが賢い方法です。

 

退職したら早めに協会けんぽに問い合わせ

退職する時に親切に健康保険任意継続制度について教えてくれる会社は少ないと思います。

僕も7回転職しましたが、この制度自体最近まで知りませんでした。

退職翌日から20日を過ぎると加入する権利自体なくなってしまうので、退職したらすぐに協会けんぽに問い合わせしましょう。

こちらからお近くの協会けんぽを探せます。

参考全国健康保険協会 協会けんぽのホームページ

協会けんぽと市町村の健康保険窓口に相談しながら、少しでも安い方に加入できるよう手続きして下さい。

 

まとめ

今回は健康保険任意継続制度について紹介でした。制度自体知らないという人が多いのではないでしょうか?

国民健康保険と比べて劇的に金額が違うということはないかもしれませんが、次の仕事が決まるまでの間、少しでも節約したいですよね。

使える制度を駆使して転職を成功させましょう!

以上、ワタナベでした。

コメント