転職しようとしたら無職からそのままニートになった22歳の時の話

失敗した 退職あれこれ

現在30代前半のワタナベです。どうぞよろしく。

若気の至りといいますか、僕は22歳のころ飲食業から転職を試みました。しかし上手くいかず、そのままなし崩し的にニートになった過去があります。

これが後の転職人生に大いに悪影響を与えることになります。今日はそんな僕の失敗エピソードです。反面教師にしていただければ幸いです。

 

転職しようとして無職→ニートになった僕の話

失敗した

22歳の頃、何となく受かった飲食店のアルバイトで生計を立てていました。職場の人間関係も良く、とても楽しい職場でした。

若い女の子も多く、気の合う友だちも出来て、ちょっと遅めの青春を謳歌していました。今の嫁さんともその時に出会いました。

とは言っても僕はアルバイト。男としては正社員としての仕事を探さなくては、と思っていました。そして就職活動をしようと決めたのです。

 

失敗その1、就職が決まる前にアルバイトを退職

当時の僕は勢いだけで生きていました。就職活動に専念するために身軽にならなくっちゃ!とアルバイトを辞めちゃったのです。

確かに活動はしやすかったのですが、それよりも毎日が休みという心地よさに負けてしまったのです。

正社員として働く!から1ヶ月くらいはゆっくりしようかな、2ヶ月くらいは、3ヶ月・・・、と先延ばしになっていくのでした。

 

失敗その2、スロットにハマる

今では考えられないですが、当時のスロットは結構簡単に稼ぐことが出来ました。

一日で数万円、多い時で30万円ほどのお金になりました。働く必要がなくなっちゃったんですね。

今は稼ぐのが難しくなってますし、嫁も嫌がるので卒業してます。

 

失敗その3、オンラインゲームにハマる

ある程度、お金の心配がなくなると今度はゲームにハマります。オンラインゲームの先駆け、「FF11」です。

その頃はオンラインゲームの出始めで、とても斬新で楽しかったです。一日中、ご飯も食べずにゲームしてたくらいです。

当時はそんな人達を「廃人」と呼んでいましたけど今でも言うのかな?

 

結果、ニートになる

ニート(英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、就学、就労、職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語であり、日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち、通学しておらず、家事を行っていない「若年無業者」を指している

とても楽しいニート生活にどっぷりと浸かってしまっていました。お金の心配がないというのが一番いけませんね。働く意欲が沸きません。

 

ニートから抜けだしたきっかけ

楽しいニート生活でしたが心のどこかで「このままではいけない」と思っていました。

今の嫁である、彼女ともお付き合いしていました。よく捨てられなかったなと今でも思います。

ニートを辞めるきっかけになったのも、彼女でした。彼女のために真面目に働かなくちゃ、頑張らなくちゃと思い、就職活動を再開したのです。

ニートを2年ほど続けたため、僕は24歳になっていました。職歴はアルバイトのみ、ブランクは2年。かなり就職活動は難航しました。

それでもなんとか就職することが出来るのですが、ニート期間というのはその後の転職活動においてもネックになりました。

 

まとめ

ニートだったことは今では良い思い出で、今でこそ良い経験だったと思えます。しかし転職活動するにおいてはネック以外の何物でもありません。履歴書からは消したい過去です。

全ての引き金は転職先が決まってないのに仕事を辞めたことです。ここから色んなことが狂い始めました。

願わくばみなさんはこんな無謀なことはしないように祈っています。

ワタナベでした。

コメント