転職活動と就職活動の面接で聞かれる内容の違い

違い 30代の男の転職

転職活動の面接は、新卒など就職活動の面接とはまったく別物と考えて良いです。それだけ転職者に求められるものが違うということですね。

しかし転職活動なんてそんなに経験があるものでもなく、実際どうすれば良いかわからないというのが実情ではないでしょうか?

今回は転職活動と就職活動の面接の内容の違いを知り、転職面接を乗り切る準備をしておきましょう。

30代での転職活動の面接と新卒での就職活動の面接の違い

違い

当然ですが30代の転職者と新卒者では会社が求める人物像に違いがあります。

30代に求められるのは、「即戦力」「経験」「スキル」などです。一方新卒者に求められるのは、「ポテンシャル」「学歴」「人柄」だったりします。

特に初めての転職での面接で間違える過ちとして、新卒の時と同じ感覚で面接に挑んでしまうことがあります。

転職者に求められるのは即戦力

就職活動での面接はみなさん経験されている人が多いと思います。聞かれる内容は学生時代でのアピールや、自己アピール、志望動機などだったと思います。

一方、転職活動では、キャリアやスキル、今までの仕事での経験をどう次の会社で活かすか、このようなことが聞かれます。

つまりあなたが、その会社にとって即戦力になるかどうか?ここが焦点になるのです。

しかし「自己アピール」や「志望動機」も合わせて質問されます。ただし学生時代と同じような回答ではNGです。

ワタナベ

コミュニケーション能力に自信があります!

御社の将来性に魅力を感じました!

転職者として、このような初々しい回答はしないようにしましょう。

転職活動の面接での応対

ではどのような受け答えが好ましいのでしょうか?

それは、あなたのこれまでの経験やスキルを実際のエピソードにのせて受け答えすることです。そしてそれが会社にとってどうプラスになるのかを具体的に提示するのです。

志望動機をお聞かせ下さい
ワタナベ
私はこれまで◯◯に携わってきました。◯◯では◯◯を学び、◯◯を習得いたしました。その結果、前職では◯◯な成果をあげることができました。その経験を活かし、自身の成長と通してより貢献できるのが御社であると確信して志望させていただきました

簡単な例ですが、転職者は「即戦力」「経験」「スキル」こういった内容をどう次の会社に活かせるかを見られています。

転職活動の面接で絶対聞かれること

転職の面接で鉄板の質問があります。それは「どうして前職を辞めたのか(辞めるのか)」です。

この質問は、この人は入社してもまた転職してしまうのではないか?という心配からされるものです。

あなたの真意がなんであれ、もう転職はこれっきりです。この会社に骨を埋める覚悟です!くらいに思わせなければなりません。

そして転職理由は後ろ向きでない、前向きな意見を述べましょう。人間関係が嫌になって、仕事が嫌になって、など、それが本当だとしてもバカ正直に答えてはいけません。

その会社でないといけない理由、どうしてその会社を選んだのか?このあたりを掘り下げていくと前向きな転職理由もみつかると思います。前職と比べるのではなく、次の会社での自分のビジョンや将来を想像すると良いです。

まとめ

まず転職活動での面接の第一歩として、今までおこなってきた就職活動の面接とはまったく違うということを認識してください。

転職者に求められる人物像がどのようなものなのか。これを知ることで面接での受け答えの正解も見えてくるでしょう。

自分の強みを知るのに無料で利用できるリクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめです。

コメント